記事一覧

飲食業界のスクリーニング

飲食業界で四季報スクリーニングしてみました。表の作り方は先日ooffeeさんにアドバイス頂きました。ありがとうございますm(__)mグレアムのミックス係数である実績PBRと来期PERの掛け合わせた値でソートしています。※本家は今期PERを使用(私は来期PERを重視しているのでこちらを使用)この値が22.5以下であれば割安という判断になります。飲食業界は優待もありバリューエーションが本当に高いですね。22.5以下は6社のみになりまし...

続きを読む

ダイオーズの決算と大型買収

決算については良かったと思います。ダイオーズの決算にて最も大事なものは売上だと思っています。基本的に売上さえ伸びれば、ストックビジネスの習性上、必ず利益は後からついてくるからです。で、今期の売上ですが国内、米国共に会社の想定以上に伸長しているようです。利益面は業績予想並みですね。売上の伸びに比べて利益が伸びてこないのは、新規顧客が増加するとコーヒーメーカー等の機器、備品の減価償却費用が定率法でかか...

続きを読む

リスクモンスターのIRへ問い合わせ

リスクモンスターのIRへ問い合わせ今週は主力のリスモンの決算発表がありました。ストックビジネスで毎年の上積みは期待しているものの、この会社の成長に対して私の期待値が低いので1Qは上々の結果かなと思っています。まず7.8%の増収は期待以上の数字です。正確に調べてないですが2011年度以来の増収幅(%)になりそうです。利益面も順調で申し分ないです。中間予想に対する進捗は遅れているように見えますが2Q偏重なので、単...

続きを読む

一六堂のIRへ問い合わせ

先週の銘柄分析記事に続いて、今週は一六堂のIRへ問い合わせたことをまとめた記事です。今月上旬にIR担当の取締役の方と40分ほど電話で話をさせて頂きました。全ての質問について率直にお答え頂き、かつこちら側の質問に関連するようなことを進んで話してくれる方で非常に好感が持てる方でした。低PBRの会社ほど塩対応を受けたり、色んな部署にたらい回しにあったりするので素直に嬉しかったです。以下問答です。- 月次の売上を毎...

続きを読む

一六堂の企業分析

一六堂は居酒屋をメインに飲食店を運営する会社です。12港の漁港の買参権を持っており、卸を介すことなく、港から安くて新鮮な魚介を調達できる点が特徴です。注目ポイント1.ネットネット企業2.自社ビルの含み資産価値が9億(時価総額:37億)3.八重洲再開発地域に自社ビルがあり、売却される見込み4.業績底打ちで増益基調へ1.ネットネット企業流動性の高い資産から負債を引いた額が時価総額を上回るネットネット企業になります。PBR...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

化学男

Author:化学男
某化学企業勤務のアラサー男子です。
バリュー投資で38歳までに資産一億円を目指します!

メインの投資手法は
本質的価値より過小評価されていて、
半年以内に明らかとなる触媒があり、
「過小評価 → フェアバリュー」という形で水準訂正を狙う手法です。
MUSTではないですがPBR:1倍以下の株を好みます。

パフォーマンス
2016年:+52.9%(5/1~12/31)
2017年:+81.1% 
2018年:+181.1%
2019年:+4.8%

17年アッパーマス層に到達(世帯で)
18年準富裕層に到達(世帯で)

Twitter: @Investment_kabu

スポンサーリンク