記事一覧

リスクモンスターのIRへ問い合わせ

リスクモンスターのIRへ問い合わせ

今週は主力のリスモンの決算発表がありました。
ストックビジネスで毎年の上積みは期待しているものの、
この会社の成長に対して私の期待値が低いので1Qは上々の結果かなと思っています。

まず7.8%の増収は期待以上の数字です。
正確に調べてないですが2011年度以来の増収幅(%)になりそうです。

利益面も順調で申し分ないです。
中間予想に対する進捗は遅れているように見えますが2Q偏重なので、
単純に前年比較で評価して問題ありません。

株価の動きは期待外れですが地合いも悪いし仕方ないですね。
本日、自社株買いを発表しているのですが、週明けの株価はどうでしょうか(/・ω・)/




各セグメントの業績は、
主力の与信管理サービスが50%の増益?!になっていて、
その他3つのセグメントは先行投資などで全て減益?!になっています。

このあたりが気になったのでIRにメールで問い合わせをしました。

以下、IRの方とのやり取りです。


1. 業績が2Qに偏重する理由は?

  ⇒ 主力の与信管理サービスにおけるコンサルティングサービス
(ポートフォリオサービス)の受注時期が、企業の決算情報の
更新が重なる2Qに集中することが主な要因でございます。

ストックビジネスなのになんで偏重するんだろうと疑問に思ってました。
聞いてみないとわからんもんですね。

2.与信管理サービスのコンサルティングサービスが1Qは好調だった様だが、
 ASPクラウドサービスがストックビジネスであることに対して、
 コンサルティングサービスはスポットビジネスという理解でよいか?

  ⇒ そのようなご理解で問題ございません。
     なお、コンサルティングの主力商品であるポートフォリオサービスの
    リピート率は昨年度実績で73%となっています。

コンサルティングサービスの売上が50%も増加しているのはスポットと言えど今後もある程度期待できそうですね。
でもなぜこれほど急激に増収になったのでしょうか。今後、そのあたりの理由を聞いてみたいと思います。

3.ビジネスポータルサイトの新サービスによるマーケティング費用は2Q以降も
減益要因となりますでしょうか?それとも1Qで新サービスのマーケティングは完了しているのでしょうか?

  ⇒ 引き続き、マーケティング費用は発生しますが、前年度並みで推移する見込みです。

上記のマーケティング費用とは具体的には新サービスのweb勤怠についての広告費用だと思われます。
IRの方の書き方だと1Qは追加的な費用が発生したが、2Q以降は例年通りということでいいのでしょうか。
ビジネスポータルサービスは昨年、業績を牽引してくれたので今期業績もかなり気になっています。
”データ容量の追加”の受注具合を聞ければ、ある程度情報が掴めるのかな。

4.教育コンテンツの先行投資費用は1Qで完了しておりますか?

  ⇒ 大型の先行投資は1Qで概ね完了しております。

イニシャルの費用は既に計上し終わっていて、
今後は原価償却が発生するならそれだけ負担になるって感じのようですね。

5. その他サービスの売上が27.1%増収になっておりますが、
その内、サイバックスUniv.の売上はどの程度増収になっておりますでしょうか?

  ⇒ Univ.の売上については約19%増収となりました。

はっ?!( ゚Д゚)
ということは中国向けグループウェアの会員数が前年比減なのに、
売上が30%以上増加したってことですかい?

IRの問答(メール)は以上です。

メールでの問い合わせは、IRの回答についてさらに質問することができないので、
芯食ったやり取りにならんですね。
質問の仕方も相当工夫しないと。。。反省。。。


さて明日から連休ですね!
ドラクエ評判良さげやし買うかな~( ゚Д゚)

スポンサードリンク



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

化学男

Author:化学男
某化学企業勤務のアラサー男子です。
バリュー投資で45歳までに資産一億円を目指します!

メインの投資手法は
本質的価値より過小評価されていて、
半年以内に明らかとなる触媒があり、
「過小評価 → フェアバリュー」という形で水準訂正を狙う手法です。
MUSTではないですがPBR:1倍以下の株を好みます。

パフォーマンス
2016年(5/1~12/31) +52.9%
2017年(11/30時点) +71.7% 

Twitter: @Investment_kabu

スポンサーリンク