記事一覧

2016年11月11日の週間パフォーマンス

今週のパフォーマンスは-2.3%でした。(TOPIX:+2.3%)

いや~本当に今週は疲れました(´・ω・`)
まず米国大統領選での株価の乱高下ですが、
フルポジ+レバも少しの状態で開票日を迎えてしまい、
開票が進むにつれて、急激に資産がしぼんでいきました。。。
精神的にきつくなっていく中で、これは株を安く買うチャンスと切り替えて
銘柄をチョイスして信用使って買っていきました。
いやー二度とこんな危ない橋は渡らないように、
イベント前はポジションを整理することはMUSTのルールにしようと思います( ゚Д゚)

で、今回トランプになったわけですが気になるのは為替とTPPですね。
雇用と上場企業のことを考えるとドル安の方が都合がいいわけで、
トランプは麻生と被ってるんで口先介入とかも頻繁にありそうだなと。

あとトランプは中国や日本から輸入品がたくさん入ってきていることが気に入らないようですが、
保護貿易にすれば製造コストの高い米国で作られたものか
関税がたっぷり乗った輸入品を買わなければならないので、
結局、しわ寄せは米国民にいくんですよね。
加えて報復的に米国から各国への輸入関税も引き上げられて、
米国からの輸出は減るでしょうし現実的じゃないと。
加えてTPPが米国にとって不利な条件になっているなんて、
力関係上あり得ないと思うのでTPPは意外に批准されるんじゃないかと思っています。


次に主力の久世の上方修正と決算発表がありました。


上記の通り内容は申し分なかったんですが、株価は下落となっています( ゚Д゚)
1Qが非常に良かったのでマーケット(私含め)の期待値は高くなっていたということでしょうね。

上方修正を見て、私の判断は
「予想PERが5倍台、実績PBRが0.62倍で、この数字は立派。十分買われていい。
が、マーケットの目線はもっと高い気もする。
トランプショック明けで大幅の株価上昇が見込める寄付きで高く寄り付かなければ全株売却しよう」でした。

で寄付きが弱かったんですね。
ガッカリしながら、厚めの買い板が出るたびに売り玉をぶつけました。
この決算後の出来高が増えるタイミングを逃すと保有株をさばけないと思ったので。

上期としては決算が良かったのは間違いないですし、
数少ない割安成長株の一つという認識は強いので、
引き続き監視しながら次のカタリストを待ちたいと思います。

今週の売買

買い
ハードオフ
パラカ
アメイズ
ユニバE

利確
久世  (+15.0%)
ユニバE (+6.4%)

今回購入した株は全て以前保有していた株で
トランプショックのパニックの中、
よく知っていて安全性の高い株をチョイスして購入しました。

MyPF
1.G-7 HD
2.ハードオフ
3.パラカ
4.アメイズ

スポンサードリンク



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

化学男

Author:化学男
某化学企業勤務のアラサー男子です。
バリュー投資で45歳までに資産一億円を目指します!

メインの投資手法は
本質的価値より過小評価されていて、
半年以内に明らかとなる触媒があり、
「過小評価 → フェアバリュー」という形で水準訂正を狙う手法です。
MUSTではないですがPBR:1倍以下の株を好みます。

パフォーマンス
2016年(5/1~12/31) +52.9%
2017年(8/31時点) +41.4% 

リンクフリーです( ゚Д゚)
Twitter: @Investment_kabu

スポンサーリンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30