記事一覧

銘柄分析 ハブ

銘柄分析 ハブ(3030)

企業分析一発目は私の主力株で英国風パブを運営するハブです( ゚Д゚)
関東、関西にお住いの方は一度は行ったことがあるのではないでしょうか?( `ー´)ノ

まずは近々10年の売上、営業利益、純利益を見ます。
リーマンショック時も含め、右肩上がりで成長していることがわかります。




次に尊敬する有名個人投資家エナフンさんが考案した時系列的に割安度を示すグラフを見ます。
2012年と2015年を比較すると一時PERが2倍になり、また最近は投資家から評価を落としていることが見て取れます。


それでは1.バリュー投資の分析項目に合わせて企業分析を行います。

<定性的観点>
①成長ストーリーはあるか?
店舗拡大型のストーリー。
店舗数の増加がそのまま売上/利益に貢献するシンプルな形です。
このタイプは店舗の魅力を維持できるなら、
出店余地がなくなるまで波乱なく成長できる一番好みなストーリー。

会社側は毎年出店数の10%分を新規出店数として計画する、やや保守的な計画。

②成長余地はあるか?
2015年度末で92店舗しかなく、まだまだ出店余地はある。
関東、関西に出店が偏っているので、今後は名古屋、仙台に注力。
参考:和民の最盛期で650店舗。

③不況耐性はあるか?
リーマンショックのあった2009年も増収増益で不景気に強いと言える。
居酒屋と異なり、英国風パブというユニークな業態であることや、
客単価が低いことが不景気に強い要素だと考えられる。

④経済的な堀は深いか?
他社が模倣しようと思えば簡単にできる。
但し、同業界No1企業のスケールメリットを活かして、仕入れ先に影響力を持ち、価格や商品ラインナップに優位性を持つ。
またパブというニッチな業界に大手が後発として参入はしないと思われる。

⑤株価上昇の触媒はあるか?
現状は検討していないようだが、長期的には株主優待や東証一部鞍替えが狙える。

<定量的観点>
⑥PERが適正以下か?(成長率15%の場合、PERの適正水準は15倍が目安)
PER:13.2倍
売上成長率:8%(過去5年)
純利益成長率:18.2%(過去5年)
但し今後3年は8%増を予定(当社は常に保守的な予想を立てる傾向があります)

⑦PBRは2倍以下か?
PBR:2.19倍
⑧CFはどうか?(PCFRとフリーCF倍率を確認)
PCFR:8.1倍
フリーCF:20倍
設備投資が少ないのでフリーCFは多くないが、キャッシュを稼ぐ力は問題なし。

⑨有利子負債が純利益の5倍までか?
有利子負債:3.7億
負債比率:66%
財務は問題なし

⑩ROICは高い値を維持しているか、あるいは改善されているか?
ROIC:15.1→15.5→14.2→12.4→12.1

数値は非常に優秀だった5年前から毎年低下している。
人件費増と円安による原材料費が原因とみる。

<競争力調査(同業他社との相対評価)>
⑪売上成長率
6.4→11.5→11.8→8.1→3.5%
⑫営業利益率
8.2→8.7→8.2→7.1→7.7%
⑬販管費率
64.2→64.6→65.5→66.3%
各指標ともに悪化、鈍化が見えるが、
上に挙げた人件費増や円安による原料高に加えて、
入居ビル建て替えにおける退去で3店舗一時閉店になっていることが主要因と考える。

<その他>
⑭リスク要因は?
円安による原価上昇
大手飲食チェーンのパブ業態参入。

⑮配当や株主還元は?
配当利回り:1.8%
配当性向:15%

⑯その他情報
2014年にはPER18倍まで上昇しましたが、
建物建替による退去での売上減や費用増が嫌気されてPER13倍まで下がりました。
お酒の多くが輸入品のため、円高銘柄だと思います。

⑰まとめ
EMS成長率が18.2倍、PER13倍なので高成長の割りに割安と考えます。
また不況に強く、成長余地やコンテンツの強さを考えると、
景況感に関係なく、今後も持続的に成長できるものと評価します( ゚Д゚)

会社発表の2024年目標(2025年2月期)
売上高:200億
経常利益:20億円
店舗数:200店舗

これが額面通り達成された場合
EPS:315円(2.9倍)
時価総額:266億円(3.9倍)[PER:17倍]
おそらくこの頃には東証一部で優待も新設されているのでPER17倍に評価しました。

※投資は自己責任でお願いいたします。

スポンサードリンク



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

化学男

Author:化学男
某化学企業勤務のアラサー男子です。
バリュー投資で45歳までに資産一億円を目指します!

メインの投資手法は
本質的価値より過小評価されていて、
半年以内に明らかとなる触媒があり、
「過小評価 → フェアバリュー」という形で水準訂正を狙う手法です。
MUSTではないですがPBR:1倍以下の株を好みます。

パフォーマンス
2016年(5/1~12/31) +52.9%
2017年(10/31時点) +73.7% 

リンクフリーです( ゚Д゚)
Twitter: @Investment_kabu

スポンサーリンク