記事一覧

2020年8月の月次パフォーマンス

8月のパフォーマンスは+2.2%で、年初来パフォは0.2%になりました。
(TOPIX:+8.2%[前月比])
 
8月はマザーズを中心に指数が大幅に上昇し、堅調な推移になりました。
私の方はメドピアやホープ等大きく取れた銘柄もありましたが、増資やクソ決算を食らったり、
下手な売買をしたりでパフォーマンスが相対的に劣後してしまいました。

8月の結果は残念ですが、コロナ禍の各社の業績が出てきたので、
コロナで業績が全く読めない、という状況が終わり、
今の株価位置と業績を考慮してどの会社がバリューなのか?
という目線でようやく銘柄分析ができるようになりました。
私と同じように感じている投資家も多いでしょうから、
これからはバリューな銘柄にも水準訂正の資金が入ってくるんじゃないかと期待しています。
今年は後4ヶ月ですが、気張り過ぎずに巻き返したいと思います。

8月末時点のMyPF(ウェイト順)
1.××××(60××)
2.××××(6×××)
3.IPS(4390)
4.丸順
5%以下のポジ省略

買いポジ:98.5%


スポンサードリンク



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

化学男

Author:化学男
某化学企業勤務のアラサー男子です。

メインの投資手法は
本質的価値より過小評価されていて、
半年以内に明らかとなる触媒があり、
「過小評価 → フェアバリュー」という形で水準訂正を狙う手法です。

パフォーマンス
2016年:+52.9%(5/1~12/31)
2017年:+81.1% 
2018年:+181.1%
2019年:+106.2%
2020年:+27.4%

17年アッパーマス層に到達
18年準富裕層に到達
19年富裕層に到達
(世帯資産)

Twitter: @Investment_kabu

スポンサーリンク