記事一覧

2020年4月の月次パフォーマンス

4月のパフォーマンスは+21.0%で、年初来パフォは-14.7%になりました。
(TOPIX:+3.3%[前月比])

4月はリバ局面に乗れて大きくパフォーマンスが改善しました。ネットの買いポジションは常時70-95%くらいの水準で、大きく張れたわけではなかったのですが、ギガプライズ、リスクモンスター、ジャストシステム、サーバーワークス、ダブルスコープ(売り)など持っていたポジションが大きく上がり、パフォーマンスを伸ばすことができました。

銘柄選定について気を付けたことは、リバ局面で強い銘柄と弱い銘柄の二極化が起こると思っていたので、テクニカル面で良化している銘柄をPFに入れることにしていました。具体的には高値をグングン抜いていたサーバーワークスを買ったり、強い自信を持って買っていたフロンティア不動産投資法人のリバが弱いことを理由に切ったりという感じですね。

4月の中頃までコロナ追い風系が強く、下旬から飲食、旅行、婚活など弱かった銘柄に資金が入り、下落からのリバウンドは一巡したかなという印象です。これから本決算を迎えて業績相場の様相も出てくるかと思いますので、ここからはコロコロとポジションを変えず、コロナを追い風(少なくとも無風)にするような銘柄を中心にどっしりと構えて投資して行きたいと考えています。

4月末時点のMyPF(ウェイト順)
1.ジャストシステム
2.ギガプライズ
3.リスクモンスター
4.アンビス
(4銘柄のみ)

買いポジ:93.5%
売りポジ:無し



※修正ディーツにて算出


スポンサードリンク



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

化学男

Author:化学男
某化学企業勤務のアラサー男子です。

メインの投資手法は
本質的価値より過小評価されていて、
半年以内に明らかとなる触媒があり、
「過小評価 → フェアバリュー」という形で水準訂正を狙う手法です。

パフォーマンス
2016年:+52.9%(5/1~12/31)
2017年:+81.1% 
2018年:+181.1%
2019年:+106.2%
2020年:-2.1%

17年アッパーマス層に到達
18年準富裕層に到達
19年富裕層に到達
(世帯資産)

Twitter: @Investment_kabu

スポンサーリンク