記事一覧

2019年3月の月次パフォーマンス

3月の月次パフォーマンスは+11.2%でした。(TOPIX:-1.0%[前月比])

今月はあまり動かず、好業績グロースの順張りにしていました。
次の決算出るまではこのまま大きく動かずって感じになりそうです。
少しバリュー投資家らしさが薄れてきた投資スタイルになりました。

ただPFの4銘柄の内、3銘柄がストックビジネスの会社になり、自分の手堅いところに投資したいというバリュー投資家っぽい趣向はギリ残ってるようです。

ストックビジネスと一口に言っても、スイッチングコストの大小、サービス導入時のフロー収益の有無などで結構ピンキリなわけですが、
ギガプライズはフロー→ストックの形になっていて、
一方ジャストシステムとリスモンはフローの売上が立たないフルストック型になります。

ストックビジネスは業績の安定性が投資家にとっては好ましいわけですが、
フローストック型はフロー部分の業績がブレて、エリアリンクみたいに沈むリスクがあり、
フルストック型はリスモンのようにトップラインの大きな伸びに期待できないことが一般的です。

PF1位のジャストシステム(の通信教育)はフルストック型でありながら、売上を大きく伸ばしており、
売上が増えても売上の伸びに比例してコストが増えない点が魅力の会社です。
今期の業績は非常に好調ですが、数字を残しながらも今後の種まきも着実に進んでおり、
来期の業績も大きく上向きそうで期待したいと思います。

一ヶ月後は年初来パフォがマイナス20%台だったらいいな(゚∀゚)
ではでは4月も頑張りましょー( ゚Д゚)

今月の売買
買い
ジャストシステム(買い増し)
ギガプライズ(買い増し)
リスクモンスター(買い増し)
くらコーポレーション(売り)

売り
スシロー(一部売却)
リスクモンスター(一部売却)
学研
船井電機
鳥貴族(買戻し)
くらコーポレーション(買戻し)

3月末時点のMyPF(ウェイト順)
1.ジャストシステム
2.ギガプライズ
3.スシロー
4.リスクモンスター




スポンサードリンク



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

化学男

Author:化学男
某化学企業勤務のアラサー男子です。
バリュー投資で38歳までに資産一億円を目指します!

メインの投資手法は
本質的価値より過小評価されていて、
半年以内に明らかとなる触媒があり、
「過小評価 → フェアバリュー」という形で水準訂正を狙う手法です。
MUSTではないですがPBR:1倍以下の株を好みます。

パフォーマンス
2016年:+52.9%(5/1~12/31)
2017年:+81.1% 
2018年:+181.1%
2019年:+28.5%

17年アッパーマス層に到達(世帯で)
18年準富裕層に到達(世帯で)

Twitter: @Investment_kabu

スポンサーリンク