記事一覧

2018年12月の月次パフォーマンスと一年間の振り返り


12月のパフォーマンスは-11.2%、年間パフォは+181.1%でした。(TOPIX:-10.4%[前月比])

今月はかなり厳しい一ヶ月になりました。
12月頭の方は堅調で年初来260%まで伸ばしてから、
現物フル+信用35%の買いポジで暴落を顔面受け。。。
これくらいのレバ利かしてて、寝起きでダウー1000ドルとか見ると、
おはぎゃーの声も出ず、ただただ息を呑みますね。。。

今月の売買を少し振り返ると
カタリスト期待で買ったものの、ややシクリカル性がありそうなシンポを少し減らして、
景況感の影響が少ないサンバイオ、リスモン、エスラインを増やしてって感じで主力のポジションを調整しました。

あとは今月から優待配当期待で株を買い始めました。
資産がそこそこ増えてきたのでリスクを取って大幅な増加率を狙うやり方から、
低リスクで年率5~10%の資産を増やす方向に少しだけシフトし始めています。

今年を振り返ると、サンバイオが大きくパフォを引き上げましたが、
サンバイオの上昇分がなくても+40%程度のパフォになっていてうまく立ち回りができたようです。
今年うまく機能したのは、時間効率の良い投資をしようとトレンドやモメンタム等テクニカルの考えを取り入れたことです。
これで株価が停滞している銘柄を気長に待つことが少なくなり、
損切りが早くなったことで1銘柄で大きく負けることが少なくなりました。

ちなみに損切った株が上がり始めたら、買い戻す価格が売値より高くなっても、
「モメンタムの良い状態の時に買い戻せたからラッキーでしょ」と思うようにしました。
そう思うことで割り切って損切りできるようになりました。

来年の相場については10~12月で一気に下げたので、19年はそこまで下落するとは見ていません。
マーケットの下落の目途をPBRで判断していますが、
19年、仮に円高になって業績が減益、海外資産や投資有価証券等の資産が目減りになっても、
各四半期毎に企業は資産を積み上げていくわけでBPSはそんなに落ち込みはないかと思います。
まぁそれでも日経225の大型やグローバルな会社は不安定な相場環境にあってリスクが大きそうですが、
個別で見れば中小型を中心に買える株は全然あると思います。
そういう意味では買い目線の人も売り目線の人もチャンスがあるし、力量が問われる一年になるかもしれませんね。

2019年も億るまでは買いポジを130~150%くらいで運用したいと思いますが、
売りポジを30~50%は常時保有して、リスクヘッジはしようと考えています。
今年から空売りもやるようになって、タイミングやカタリストを見ながら局所的にやりましたが、
19年は割り切って常時売りを立てる形にしようかと思います。
とりあえず年末年始はマザーズの貸借銘柄を片っ端から見ていくことにします。

ではでは今年一年お疲れ様でした!!
リアルでお付き合いさせて頂いてる方、twitterで絡んで頂いてる方、
ブログ・twitterを見て頂いてる方々、今年も大変お世話になりました!いつもありがとうございます!
来年も頑張りましょう( ゚Д゚)

2018年儲かった株
1.サンバイオ
2.千趣会(売り)
3.元気寿司
4.ジャストシステム
5.イーブックイニシアティブ

2018年損した株
1.シンポ
2.ヤマウ
3.ユニバE
4.エスライン
5.リスクモンスター
今年後半に資産規模が大きくなった後に下げ相場でくらったため現在の保有銘柄が損した株にランクイン(^^;

今月の売買
買い
サンバイオ(買い増し)
リスクモンスター(買い増し)
シンポ(買い増し)
エスライン(買い増し)
SECカーボン(売り)
日本カーボン(売り)
東海カーボン(売り)
優待/配当狙い銘柄:25社

売り
シンポ(一部売却)
エスライン(一部売却)
SECカーボン(買戻し)
日本カーボン(買戻し)
東海カーボン(買戻し)


12月末時点のMyPF(ウェイト順)
1.サンバイオ 
2.リスクモンスター
3.シンポ
4.エスライン
優待/配当狙い銘柄:25社


スポンサードリンク



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

化学男

Author:化学男
某化学企業勤務のアラサー男子です。
バリュー投資で38歳までに資産一億円を目指します!

メインの投資手法は
本質的価値より過小評価されていて、
半年以内に明らかとなる触媒があり、
「過小評価 → フェアバリュー」という形で水準訂正を狙う手法です。
MUSTではないですがPBR:1倍以下の株を好みます。

パフォーマンス
2016年:+52.9%(5/1~12/31)
2017年:+81.1% 
2018年:+181.1%
2019年:-8.3%

17年アッパーマス層に到達(世帯で)
18年準富裕層に到達(世帯で)

Twitter: @Investment_kabu

スポンサーリンク