記事一覧

2020年4月の月次パフォーマンス

4月のパフォーマンスは+21.0%で、年初来パフォは-14.7%になりました。(TOPIX:+3.3%[前月比])4月はリバ局面に乗れて大きくパフォーマンスが改善しました。ネットの買いポジションは常時70-95%くらいの水準で、大きく張れたわけではなかったのですが、ギガプライズ、リスクモンスター、ジャストシステム、サーバーワークス、ダブルスコープ(売り)など持っていたポジションが大きく上がり、パフォーマンスを伸ばすことができ...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

化学男

Author:化学男
某化学企業勤務のアラサー男子です。

メインの投資手法は
本質的価値より過小評価されていて、
半年以内に明らかとなる触媒があり、
「過小評価 → フェアバリュー」という形で水準訂正を狙う手法です。

パフォーマンス
2016年:+52.9%(5/1~12/31)
2017年:+81.1% 
2018年:+181.1%
2019年:+106.2%
2020年:-14.7%

17年アッパーマス層に到達
18年準富裕層に到達
19年富裕層に到達
(世帯資産)

Twitter: @Investment_kabu

スポンサーリンク