記事一覧

フジ・コーポレーションの銘柄分析②

2. 圧倒的な業績の伸び(同業他社比較)下記を見てもらえればわかりますが当社の業績の伸びが他社を圧倒しています。「タイヤはネットで買うとお得」という情報が広まった結果だと思います。ネット通販専業のオートウェイも売上を落としており、当社の一人勝ち状態です。直近10年の売上増加率フジ・コーポレーション:+254%(+10.9%/年)イエローハット:+21.8% (+2.2%/年)オートバックス:-23.4% (-2.9%/年)オートウ...

続きを読む

フジ・コーポレーションの銘柄分析①

今週の相場はなかなかでしたね。私はざっくり-11%でした。(年初来:-2.5%)相場の振り返りもブログ記事にしたいのですが決算調査で忙しいのでまた月末に振り返ります。フジコーポの1月の月次売上が今週出まして、1Q分の月次が出揃ったので銘柄分析記事を挙げます。フジ・コーポレーション(7605)タイヤ・ホイールの小売り(ネット販売が主力)投資ポイント1. 1Qの業績が大幅増益?2. 圧倒的な業績の伸び(同業他社比較)3. ...

続きを読む

米国の法人税減税はダイオーズの業績をどの程度押し上げるか

ご承知の通り今週米国の税制改革が遂に成立することになりました!トランプさんがやってくれましたね( ゚Д゚)ダイオーズにとっては大きな外部環境の変化になるので無事法案が通過されて、本当に良かったです。以前からダイオーズにとって米国の減税がカタリストだと書いてきましたが、減税規模も確定したのでどの程度の影響があるのか確認したいと思います。まず基本的なことですが上場企業の株式会社ダイオーズはダイオーズジャパン...

続きを読む

新コスモス電機の分析

新コスモス電機ガス警報器メーカー家庭用は40%のシェア1位、 産業用は業界2位投資のポイント1. 安定収益: 99年から20年黒字2. 高財務: ネットネット率:ほぼ100%3. 成長性: 過去最高益を大幅更新へ指標PER:13.7PBR:0.67安定収益と高財務でディフェンスは鉄壁これぞバリュー投資って銘柄ですね1. 安定収益 99年から20年間黒字20年間、営業益率5%以上維持。調べてないが20年前もたぶん黒字。リーマンショック...

続きを読む

ミスターマックスの分析②

分析記事の続きです。2. 月次好調、 1Q好調既存店売上が好調に推移しています。1Qは既存店売上が前年比+2.5%と好調で営業利益が計画値を18.9%上回って着地しています。上期は既存店売上が横ばいで計画されているため、既存店売上がプラスになった分だけ上振れ要因になります。2Qは家電の販売で繁忙期になるわけですが、既存店売上が+3.9%で推移しており、上期の営業利益は更なる上振れが期待できそうです。3.低PSR企業の利益...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

化学男

Author:化学男
某化学企業勤務のアラサー男子です。
バリュー投資で38歳までに資産一億円を目指します!

メインの投資手法は
本質的価値より過小評価されていて、
半年以内に明らかとなる触媒があり、
「過小評価 → フェアバリュー」という形で水準訂正を狙う手法です。
MUSTではないですがPBR:1倍以下の株を好みます。

パフォーマンス
2016年:+52.9%(5/1~12/31)
2017年:+81.1% 
2018年:+40.0%
17年アッパーマス層に到達

Twitter: @Investment_kabu

スポンサーリンク