記事一覧

2020年5月の月次パフォーマンス

5月のパフォーマンスは+4.7%で、年初来パフォは-10.0%になりました。
(TOPIX:+7.9%[前月比])
 
4月に続き、5月も堅調なパフォーマンスになりましたが、大きく上げたTOPIX等の指数にはついていけず我慢の一ヵ月になりました。今月の立ち回りは、持ち株の決算を跨ぐことがリスクリターンが合わないように思い、決算跨ぎは枚数をかなり減らして保守的に対応しました。持ち株の決算はおおよそ予想通りで、株価が飛ぶように上がることもなく、むしろ下がる銘柄も多くて、結果論的には良い判断になりました。
 
今月はアフターコロナ系が大きく値を上げましたが私はファンダ面を考慮し、買いの判断は取りませんでした。自分の性格を考えるとココを取れなかったのは仕方ないかと思っています。ただ好決算で上値を追っていく小型グロース系(IPSとか)を取り逃したのは反省点だと思っています。正直、今回の決算期は業績予想非開示の会社が多かったことで、株に対するモチベーションが上がらず、取れたものも色々と取り逃しちゃったかなという感じです。
 
6月は良い地合いが続く限りはポジションを大きく減らさず、実体経済の悪化は無視して食らいついていきたいと思います。

5月末時点のMyPF(ウェイト順)
1.ジャストシステム
2.フロンティア不動産投資法人
3.グリムス
4.アンビス
5%以下のポジションは省略

買いポジ:88.1%
売りポジ:無し

スポンサードリンク



コメント

よし、勝った^ ^

No title

僕は前年比+62%でした!
いつも参考にさせていただいています今年は簡単な相場ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

化学男

Author:化学男
某化学企業勤務のアラサー男子です。

メインの投資手法は
本質的価値より過小評価されていて、
半年以内に明らかとなる触媒があり、
「過小評価 → フェアバリュー」という形で水準訂正を狙う手法です。

パフォーマンス
2016年:+52.9%(5/1~12/31)
2017年:+81.1% 
2018年:+181.1%
2019年:+106.2%
2020年:+0.2%

17年アッパーマス層に到達
18年準富裕層に到達
19年富裕層に到達
(世帯資産)

Twitter: @Investment_kabu

スポンサーリンク